出会い、W不倫、離婚、そして再婚をし、幸せを掴んだ男のブログ

結婚生活

旦那が嫌い、夫にイライラで離婚する前に上手に対処する方法

更新日:

旦那や夫というワードでネット検索をすると「旦那 嫌い」「夫 イライラ」という検索ワードが多く驚きます。私は男性なので逆パターンですが、妻への不満が爆発して離婚しました。でも離婚は辛く大変なもの。ここでは女性向けに、イライラを防ぐ対処法をご紹介します。

夫にイライラ、嫌いになる原因と対処法

夫にイライラしたことがあるという妻は、ほぼ100%でしょう。それは言葉だったり、行動だったりするのですが、夫からするとそんなに重く考えてないこともあります。

でも何気ないことの積み重ねが爆発して、離婚原因にもなりかねません。

夫を嫌いになる、イライラする原因と対処法を挙げていきます。

妻に感謝しない

あなたの夫は、あなたの行動に対し感謝していますか?

「ありがとう」という簡単なフレーズなのですが、男性はつい忘れがち。

ご飯を作ってあげても、洗濯をしてあげても「昔は感謝してくれてたのに」最近は当たり前になってしまった。なんてことありますよね?

この場合、2パターン考えられますが、感謝してくれない理由の1つは単純に慣れてしまったこと。もう2つはあなたの行動に不満を感じていること。

無意識でも妻は家事や育児をするのが当たり前、と思っている夫は多いです。そんな夫には、あなたから「お仕事ありがとう♡」と言ってあげるといいですよ!

夫は認めてもらえたことで、あなたの行動も見つめ直せるはず。

また、あなたの行動に不満を感じている可能性も。ご飯を作ってあげてるのに、実は味が気に入らないとか、洗濯のシワが残ってるとか。

そんなときは1度、思い切って夫と話すことが大切です。冷静に「実はね…」と打ち明けることで、お互いの直すべきところがわかるかもしれません。

妻に任せっきり

あなたが

「今日ご飯何がいい?」

と言ったとき、

「何でもいいよ」とか「簡単に冷やし中華でいいよ」

と言われることありませんか?

このときの夫の「何でもいいよ」は、本当に何でもいいか、もしくは食べたいものが頭に浮かばない、考えるのが面倒。という場合です。

レシピを考えるのって大変なので、夫にも考えてほしいですよね?そんなときは「ラーメンとカレー、どっちがいい?」と選択肢を与えてあげるといいですよ!

そうすると夫も「じゃあカレー!」などと答えてくれるはずです。

「簡単に冷やし中華でいいよ」は、冷やし中華が結構面倒なことを知らないだけです。

夫としては、一応「楽してもいいよ」と配慮したつもり。

こうなる前にやはり、選択肢を与えてあげるというのがポイントです。

無責任な言葉のチョイス

医療マンガ「コウノドリ」でこんなシーンがありました。

出産に対して不安が溢れている妻に対し、夫の一言

「俺も手伝うから」

これを聞いていた医師は、

「手伝う?あんたの子供だよ!」

と一蹴。

ドラマ版の夫役がナオト・インティライミさんだったため、ツイッター上ではダメ夫を皮肉るコメントで「#うちのインティライミ」というのが流行ったほど。

妻にとっては、夫の何気ない一言が本当に刺さるんですよね。

でも残念なことに、夫はあまり深く考えずに発言していることがほとんど。

もし夫にこういうことを言われてしまったら、優しく指摘してあげるのが1番効果的です。

「子育ては夫婦支え合って一緒にするものだから、手伝うじゃなくて一緒に頑張ろう!がいいな」とかでいいんです。

そうすると話のわかる夫なら「あ、そうなのか」と気付いてくれますから。

仕事を理由にして逃げる

夫は仕事を理由に逃げることが多々あります。

例えばあなたが、

「町内会のゴミ当番出てくれない?」

と言うと、

「仕事で朝早いから無理だよ」

などと言われたことはありませんか?

それから多いのは、

「仕事なんだからしょうがないだろ?」

というパターン。

この夫の言い訳には実際に忙しい場合と、本当に逃げている場合があるので、厄介なところ。

仕事のことを疑い始めるときりがないし、夫も詮索されてうれしい人はいません。

でもあなたが爆発する前に対処する必要があります。

こんなときは「私がゴミ当番行くから、お風呂掃除お願いしていい?」などと条件を出すことをおすすめします。

条件出しをすることで、しぶしぶかもしれませんが夫も動いてくれることが増えるでしょう。

なぜ夫は妻のイライラする気持ちを理解できない?

ではなぜ、夫は妻がイライラする気持ちを理解できないのでしょうか?

夫としては「なんでそんなにイライラしているんだ?」ということでストレスが溜まってしまうことも多いのです。

これは男という生き物がどんなものか、ということと、日本の文化を考えると夫の行動が理解できるかもしれません。

「性格の不一致」で離婚しないよう、男の生態を知ってみましょう。

察する能力が低い男性

男性は女性に比べ、察する能力がとても低いです。

これは脳の構造上の問題ですが、気持ちを察したり、変化に気づくということができない。

髪を少し切っても男性が気づかないのは脳の作りの問題なのです。

あなたがイライラしていても、理由を聞かないと「なんでイライラしてるんだろう?」というのに気づけないのです。

海外と比べ男性が家事をしない文化の日本

統計データによると、家事をする男性の比率は世界的には約3割~4割と言われています。

しかし日本は圧倒的に低く、家事をする男性の比率は約18%。

家事や育児の大変さって、実際にやってみないとわかりませんよね。

私の周りでも、家事や育児をやっているパパの方が、妻への理解があり、妻を大切にしています。

日本ももっと、理解が進めばいいんですが。

亭主関白な考え方

中には亭主関白な夫もいます。こういう夫は「家事育児は妻がやって当たり前」です。

そして大抵そういう男性ほど、自分で身の回りのことができません。

できないけど、自分は働いて養っているから、威厳を保たなきゃいけない。そういうことで、つい妻をイライラさせてしまうのです。

今では少ないと思うのですが「飯はまだか」とか「飯が固い!」とわがまま放題な男性は、会社でも面倒くさがられる人が多いです。今後淘汰されていくでしょう…

男は永遠に子供である

男は何かに夢中になると周りが見えなくなります。1個のことにしか集中できないのです。まるで子供ですね。

これも脳の問題ですが、対して女性はいろんなことを同時に進められる「マルチタスク」です。

あれもこれも一片に考えられないので、あなたがお願いしたことよりも他のことに注意を向けてしまうことがしばしば。

大きな子供と揶揄されるのは、仕方ないのかもしれません…

あなたがイライラしないための対処法3選!

最終的に、夫にイライラしないようにするには、つぎのような対処法があります。

男は気づかない、説明してあげよう!

説明したように、男性は察することができない生き物。

イライラしたり嫌いな部分は、素直に説明してあげることがポイントです。

相手は子供だ、できないのが当たり前。くらいの気持ちで優しく説明してあげると、夫も「そうなのか!」とわかってくれますよ!

引き換え条件を出してあげる

仕事で疲れた夫に、何かをただお願いすると嫌がられることはありませんか?

(仕事で疲れてるのに、面倒くさいな)

と自分本位でしか考えられない男性だと、嫌な態度を出してしまうものです。

そんなときは、何かと引き換えにお願いするのが効果的。

冒頭でも例を出しましたが、

「私がゴミ当番行くから、お風呂掃除お願いできるかなー?」

などと引き換え条件でお願いすれば、夫も受けてくれる確率が高まります。

このとき夫は、

(ゴミ当番よりは風呂掃除の方がマシか)

としか思ってないかもしれません。

それでもその繰り返しであなたの負担を軽くすることが大切です。

そしてお願いを受けてくれた夫には必ず笑顔で「ありがとう」。これ大事です♪

あなたが笑顔で接してあげる

あなたがイライラしていると、夫はその理由がわからずイライラが移ってしまうことも。

脳の作り的に、女性の方が大人です。あなたから笑顔で接してあげることで、夫も自然と笑顔になるでしょう。

もし夫が疲れていてあなたを邪険に扱ってしまったとしても、すぐに「悪いことしたな」と気づくはず。

ポイントは、あなたが笑顔で夫をコントロールするのです。

男は単純なので、それだけでも優しくなる人が多いですよ♪

夫の生態がわかれば、コントロールは簡単にできる!

男は単純です。色々教えてあげないとわからないのです。

表面上はどうであれ、あなたの言葉や態度でコントロールしてあげましょう。そうすることで、あなたのイライラはきっと解消されていきます♪

我が家ではご紹介したポイントで、私が妻にうまく転がされています(笑)

いつまでも仲睦まじく、離婚など無縁で過ごしてくださいね!

ランキング参加中。ボタンをクリックして応援していただけると励みになります!


不倫・婚外恋愛ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-結婚生活

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.