出会い、W不倫、離婚、そして再婚をし、幸せを掴んだ男のブログ

不倫ブログ

離婚は文化…3組に1組は離婚するのは本当だった【52話】

更新日:

私は離婚に向けて、半ば強引に話を進めていた。しかし妻の莉子もそう簡単には受け入れない。そんななか、皮肉にも私を後押しするような話が立て続けに起こった。

なんとか離婚を避けたい妻

妻の莉子は、私の離婚申し出をすぐに受け入れませんでした。すぐに受け入れる夫婦の方が少ないかもしれません。

莉子は自分の両親にもちゃんと話をしてほしいと言ってきた。しかし私は拒否。そもそも莉子の両親とはろくな交流もほとんどないし、自分勝手なところが嫌いだった。

私は自分の両親から離婚届の証人サインをもらい、その離婚届を莉子に渡しました。

「…ご両親も離婚に賛成ってことなんだね…」

力なくそうつぶやいた莉子は、だまって離婚届を見つめます。

「あとは莉子と莉子の両親のサインだけ。お願いします」

私は冷たくそう言い放って、その場を後にしました。

莉子は、このときでもまだ離婚を受け入れてないようでした。なんとか避ける方法はないか?しかし、思考も働かない。そんな様子でした。

妻の親友が不倫をした

それから数日。驚きの話題が飛び込んできました。

莉子の親友が不倫をし、離婚話に発展しているというのです。

その親友A子は夫を婿にとり、A子の実家で暮らしていました。実家は自営業だったため、夫が後を継ぐことになっていたようです。

しかし、後継の仕事や家事分担などで揉め、ストレスが溜まっていたのです。

A子は外に出て仕事をしており、会社でも男性と会う機会がありました。どうやらそこで慰められ、不倫をしてしまったようです。

既に離婚の話まで発展しており、離婚も時間の問題。

私はその話を別の人から聞いたので、莉子に話を振ってみた。

「A子は離婚するんだって?」

「…そうみたいだね。ほんと、結婚ってなんなんだろう…」

私は、莉子がA子に夫婦関係を相談していることを知っていた。だから、こんな質問をした。

「俺のこと、A子に相談してたんでしょ?なんて言ってたの?」

「A子も不倫した人だからね…残念そうな顔はしてたけど…きっといい人みつかるよって、言ってたよ」

自分が不倫しておいて、人の不倫をとやかく言えないだろう。

むしろ、A子の方が莉子に相談を持ちかけていたらしい。不倫相手を愛してしまった、と。

自分の夫が不倫してしまった莉子にとっては、残酷な相談だったでしょう。

莉子ももう、世の中よくわからない、といった様子。

皮肉だが…私にとっては後押しされる事件でした…

妻の親友がまたも不倫!?

不倫は文化だ。そして、離婚も文化。もう日本ではそう言われて仕方ない状況です。

立て続けに、莉子の別の親友も離婚したのです。

その親友B美は、共働きでした。しかしB美も夫も仕事で夜が遅く、結婚後徐々にすれ違うようになっていきました。

そのすれ違い生活に嫌気がさした夫は、B美をののしったり、モラハラをするように。

休日出勤があったB美に、夫はこう言ったそうです。

「俺より仕事が大事なの?明日仕事行くのやめてよ!」

夫からすると、ただでさえ忙しいんだから休日くらい一緒に過ごしたかったのでしょう。

夫はB美が嫌いなのではなく、束縛したかったようなのです。

あげくの果てにはB美の家族に「B美がひどい」と愚痴をこぼし始めました。

もっと壮絶なやりとりがあったのでしょうが…すれ違いが発端で結局離婚しました。

 

 

そして驚いたのは、これだけではなかったのです。さらに私たちの共通の知人が、不倫していました。

不倫したのは奥さん側ですが、奥さんは夫じゃない男に笑顔でくっつきながら、少し離れた街を歩く姿を目撃されていました。

そんな話を聞き、私自身も思いました。

(こんなに続くか…やはり不倫は文化なのか?)

さすがにこの立て続けの事件には、妻の莉子も考えるところがあったようです。

「…笑っちゃうよね。もう私、結婚なんてできない…」

このとき、私との結婚生活も本当に終わりが近いことを莉子が察したように見えました。

もともと「不倫されて離婚なんて惨め」と言っていた莉子ですが、こんなにも周りで不倫・離婚があると「自分だけじゃない」という感覚も芽生えたのかもしれません。

離婚、不倫の話が立て続けに3件。1〜2ヶ月の間でした。

 

負のスパイラルが渦巻く、離婚率30%以上の日本

私は、日本の社会構造がこの離婚フィーバーを巻き起こす原因だと思います。

日本は、生産性が悪い → 仕事が忙しい → 家庭と両立できない という悪しき流れが断ち切れていません。

そしてSNSやネット、テレビで騒がれる不倫や離婚騒動。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というジョークを聞いたことがあるが、不倫や離婚の数が増えるにつれ「仕方ないことだ」と思う人も増えるでしょう。

世の中が便利になるにつれて、色んな出会いが増えてしまったのも要因でしょう。

自分自身もその負のスパイラルに仲間入りしてしまったのですが、これ以上不幸な人が増え続けるのは悲しい思いです。

私が犯した愚かな行為を伝えることで、1人でも多く救われるといいのですが…

なんにしても、まずは結婚前に「将来をしっかりと話し合う」ことが大切です。

前の話を読む / 次の話を読む

1話から読む

 

ランキング参加中。ボタンをクリックして応援していただけると励みになります!


不倫・婚外恋愛ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-不倫ブログ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.