出会い、W不倫、離婚、そして再婚をし、幸せを掴んだ男のブログ

不倫ブログ

連れ子再婚の大変さと、小さな幸せ【48話】

更新日:

愛した人は子供がいる人妻。再婚をしたいが、お互いまだ離婚が成立していない。でも再婚したら、今のように旅行も行きづらくなる。思い出を作るなら今だった。

子育ての現実を知る

山中湖畔で不倫観光をしていた私たち。大好きな人との遊覧船やほうとうを食べたことは、とてもいい思い出でした。

しかし、紗衣の子供Aくんは駄々をこねます。第一次反抗期というのでしょうか。

手をつなぎたがらず、無理やり引っ張ろうとすると

「うぎゃぁぁぁ!」

と叫び出す(決して強く掴んでいるわけではないが)。

思い通りにいかないと、泣き出してしまうのです。

Aくんに会う前、紗衣がこう言っていました。

「この子は、ほかの子よりすごく泣き声が大きいの…だから外連れてくのが大変だし、周りの目がすごく気になって…」

何も知らない私はこう返答。

「子供って泣き叫ぶもんじゃない?俺と一緒なら、周りの目も少し気にならなくなるかな?」

私は紗衣を励ましたつもりだった。それに、子供は泣き叫ぶもの。うるさいと言っても、たかが知れているだろう。

そう思っていた。しかし…

「うぎゃぁぁぁぁぁ!あーーーー!」

予想以上の”叫び“に、私も驚いていたのです。

(俺が甘かった…本当に声が大きい…)

今まで紗衣が、ワンオペ状態でこの子を育てていたと思うと、不憫でならなかった。

(旦那がもっと協力的なら、こんなに叫ぶような子にならなかったのだろうか…)

子育てをしたことのない私には、知る由もなかった。

受け入れなければ前に進めない、現実

山中湖を後にした私たちはその後、宿泊予定である御殿場のホテルに向かいました。

ホテルへ向かう道中、Aくんは暑かったのか、泣き出します。

「Aくん、暑かったかな~?」

紗衣がAくんをなだめます。

車内に響き渡る泣き声に、慣れない私は少し困惑してしまいました。

(毎日こんなに泣き声を聞いてたら、ノイローゼになる人もでるよな…)

紗衣と再婚するなら、この子の父親になる可能性が高い(親権しだいだが…)。自分も、いちいち困っていてはダメなんだ。

不安な気持ちも芽生えつつ、ホテルへ到着。

ホテルへチェックインした後、気分転換を兼ねて少し散歩しました。

3人で手を繋いだり、私とAくんが手を繋いだり。私とAくんが一緒に歩いているのを、紗衣は嬉しそうに後ろから写真を撮ります。

紗衣にとっても、理想の家族像なのかな?そう思うと嬉しかった。

「俺、パパに見えるかな?」

「もちろん、立派なパパですよ♪」

お世辞でも嬉しかった。しっかり手を繋いでくれるAくんにも、母性本能ならぬ父性本能を感じる。

不安な気持ちと、幸せな気持ち。これが家族というもの?

夕飯どきになり、私たちはラーメン屋に入りました。

近所にあまりお店がなく、少し古びた「キタナシュラン」的なラーメン屋。少しどきどきしながら席に座ります。

でも、目の前には大好きな紗衣。古びたお店でも、紗衣の姿は輝いて映りました。

開店と同時にお店に入ったので、5分足らずで注文したラーメンが登場。

「あ、美味しい♪私好き」

「お、美味しいね~!」

思いのほか美味しいラーメン。紗衣と一緒に食べると、幸せも何倍にふくらむ。

「私、あんまりこういうお店入ったことなかったの。でも奏馬さんとだと楽しい♪それに美味しかった!」

「ほんと美味しかった!俺も紗衣とまたこういうところ来たいな!」

思えば妻の莉子とは、あまりこういうお店には行ったことがない。

莉子は高級思考というか、おしゃれ思考なのか、イタリアンやフレンチといったお店の方が好きだった。

もちろん紗衣とおしゃれなお店も行きたいが、古いお店でも紗衣となら楽しい。

食事は何を食べるかよりも、誰と食べるかの方が大切だと思った。

父になるための成長

ホテルへ戻り、また昨日と同じようにAくんを寝かす準備をします。

Aくんと一緒に過ごし、3人で一緒に寝る。まだ数えるくらいしかこの経験をしていなかったが、私はその流れやポイントを意識するようになっていました。

お風呂から出たAくんの体を拭いて、服を着せるくらいはできるようにもなったのです。

普通の父なら当たり前にやっていることだろうが、私にとっては大きな一歩。

(紗衣の期待に応えたい)

そんな気持ちもありました。

そしてAくんを寝かしつけ…

「…♪」

紗衣の(寝たよ)という合図から、私たちの時間が始まります。

数少ない会える時間を惜しむように、私たちは愛し合いました。

子育ての不安はあるけど、子供と一緒に自分も成長していく。そして一つ一つ、小さな幸せが積み重なっていく。

このまま、こんな幸せな日々が続いてくれたらいい、そう願っていました。
 

前の話を読む / 次の話を読む

1話から読む

 

ランキング参加中。ボタンをクリックして応援していただけると励みになります!


不倫・婚外恋愛ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-不倫ブログ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.