出会い、W不倫、離婚、そして再婚をし、幸せを掴んだ男のブログ

不倫ブログ

不倫夫のダブルライフ。偽りの生活を本物に変えたい【46話】

更新日:

転職活動中に、不倫相手の紗衣(さえ)と旅行をする私。思えば頻繁に会っていて、ダブルライフ状態。しかし今は偽りの生活、紗衣との暮らしを本物に変えたかった…

人妻の肩書きを早く塗り替えたい

紗衣と、紗衣の子供のAくんと合流し、夕飯を楽しんだ私。さながら家族の夕飯は、幸せな時間だった。

「美味しかったね!こういう昔ながらのお店も好き♪」

そう言って微笑む紗衣。その姿を見ているとこっちも嬉しくなる。

妻の莉子とはこんな場面もない。そもそも久しく外食も一緒にしていない。

莉子は飲み会にしょっちゅう行っているが…

そのあとドラッグストアに行き、コンドームを購入。愛を育む必須アイテムだ。

本音は紗衣と生でしたい。まだコンドームをしている時点で、どうしても引け目を感じてしまう。

それはAくんの存在があるからだ。考えたくなくても、Aくんが生まれたということは、紗衣が旦那と“した”ということ。

しかし、再婚する前に妊娠してしまってはマズイ。コンドームはしっかり付けるようにしていた。

私は早く、紗衣の身体の記憶も塗り替えたかった。

大切な愛を育む時間

その日宿泊するホテルに着いた私たちは、まずAくんを寝かせる準備をした。

まだ2歳だったAくんは、8時には寝る。紗衣がAくんをお風呂に入れ、歯磨きをさせ、寝かしつけに入る。

Aくんが眠る前に、すかさず私もお風呂に入る。眠ってから音を立てないためだ。

普段と違う環境で疲れたのか、Aくんはすぐに眠りについた。

「♪」

無言の笑顔で紗衣が微笑んでくる。「寝たよ、オッケー♪」という合図だった。

紗衣と私は飲み物で一息つき、それから少ししてキスをした。

「奏馬さん、今日はお疲れ様でした」

「紗衣も、運転ありがとう」

紗衣は面接を頑張った私を労い、私は遠くまで車で来てくれた紗衣を労う。

ツインルームの片方のベッドにAくんを寝かし、もう片方のベッドに紗衣を押し倒す。

「声出しちゃダメだよ♡」

紗衣にそう言って、私は静かに紗衣を愛撫しはじめます。

声を出せない状況に興奮


なないろ速報

「……っ!」

我慢していても溢れてくる紗衣の吐息は、ものすごく色っぽい。

「…あぁっ…」

乳首を舐め、左手でもう片方の乳首を優しく弄る。右手は紗衣の秘部に這わせる。

口を手で押さえて悶える紗衣の姿が愛おしい…

「もぅ…ダメ……ぁぁっ!」

静かに果てた紗衣を愛でるようにキスをしました。

「挿れるよ…」

スムーズに私を受け入れてくれる紗衣の身体。静かに優しく突いても、吸い付いてくるような紗衣の身体に、私もあっという間に絶頂を迎えた。

「紗衣、可愛かったよ♡」

「ふふっ♡」

セックス が終わると、紗衣はいつも少し恥ずかしそうに顔を赤らめる。最高だった。

Aくんが起きないことを確認し、私たちも眠りにつくのでした。

今までの時間を取り戻すように…

「おはよ、紗衣!」

「おはよう、奏馬さんっ♪」

朝起きると、大好きな人が隣にいる。当たり前であってほしいのに、今は当たり前でない。

早くこれが現実の世界にしたい。この望みは、いつ叶うのだろうか?

私たちは、前を向いて行動するしかなかった。

この日は、すこし西へ旅行しようと計画していました。

私たちは、会うたびにできるだけ旅行へ出ていたのです。

お金ばかりかかって、無駄なようにも思えるかもしれません。

しかし、私たちは今までの時間を取り戻したかったのです。

これから再婚したら、初めから子供がいる状態。幼稚園も始まったら、旅行も簡単に出れなくなる。

そこまで考えて、私たちは思い出をたくさん作りたかったのです。

「あのとき、紗衣に出会っていれば」

「あのとき、莉子と結婚しなければ」

そんな後悔を打ち消すように、自分たちの時間を積み上げていくのでした。

前の話を読む / 次の話を読む

1話から読む

 

ランキング参加中。ボタンをクリックして応援していただけると励みになります!


不倫・婚外恋愛ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-不倫ブログ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.