出会い、W不倫、離婚、そして再婚をし、幸せを掴んだ男のブログ

不倫ブログ

人の不倫に首をつっこむな。他人に何がわかる?【41話】

更新日:

妻との離婚話し合いですり減っていく私たち。お互いが納得する結論にならないまま、日が経っていきました。

休戦の実家帰省

そもそも不倫をしたのは私。でもその原因は、妻の莉子が家事をしない、遊び歩く、金遣いが荒いなど、何度注意しても直らない行動にあった。

私は莉子に離婚を突きつけ、一時は莉子も「離婚してあげる」と開き直った。しかしその1週間後に「やっぱり離婚はおかしい」とどんでん返し。

その後話は並行線のまま、夏休みを迎えました。

一時休戦という感じで、お互いがお互いの実家へ帰省。

私はもう、一緒に帰省する気もありませんでしたから。

私は1つ、危惧していたことがあります。

(莉子が1人で実家へ帰るということは、まあ、離婚話のことを話すだろうな)

莉子の家族は、私がお邪魔すると完全アウェイになるほど結束が強い人たち。

そんな家族に、莉子が離さない訳はないと思った。

しかし、それは仕方ないこと。私は不倫がバレた立場なのだから。

面倒くさいのは、家族から何かを言われたり、親から親へ苦情が行くこと。

たまにそういう話を聞くのですが「夫婦喧嘩は犬も食わない」というように、夫婦間の問題は他人がとやかく口を出すことではないと思う。

相談されたら乗ってあげる、くらいが一番いい。

そんなことを考えながら、1人実家へ帰りました。

ドライブは、大好きな人との時間

実家へ帰る道中は、紗衣との電話が唯一の楽しみ。

車に乗って家からある程度離れたら、紗衣に電話します。

「おはよう紗衣、もう運転してまーす」

「おはよう奏馬さん、運転きをつけてね!」

「紗衣は夏休みの予定は?」

「んー、夏休みとかあんまり関係ないけど…家族と遊園地でも行こうか考えてます」

「そっか、家族は仕事だもんね」

紗衣は旦那の元を離れ実家に家出中。両親や姉妹はいますが、仕事があるのでした。

なので紗衣にとっては夏休みなんてあまり関係ないのです。

「…旦那から何か、連絡あった?」

「ううん、何も」

普通、妻と子どもが家出したら、連絡くらいしないか?私は紗衣の旦那の気持ちは全く理解できなかった。

どうせなら実家に帰省せず、紗衣に会えばよかった。そんな気持ちもありました。

大好きな人と夏休みをすごせたら、どんなに幸せだろう?…結婚している人間が思うのはおかしいことです。

両親に、離婚することを伝えておく

実家に帰省した私は、その夜両親に話をした。結婚届の証人が両親だったため、けじめをつける意味でも話しておこう、と思ったから。

莉子と一緒に帰ってこない時点で、とくに母親は何か異変を感じていたようだった。

私は、莉子に抱いていた不満を全て両親に話した。不倫の事実は話さなかったが。

「…そういうことがあって、離婚しようと思ってる」

両親は、反対するようなことはなかった。むしろ、肯定していたように思う。

「そうなのね…莉子ちゃんはそういう感じあるよね」

実は両親も、莉子の家族に対して不満を持っていた。

「お中元とか送っても、向こうのご両親からとくに返事がないのよ…まあこっちは田舎で、あっちは都会だから、文化の違いと思って諦めたけど。結婚式のときも、挨拶しても他人面だったのよね~」

両親だが、味方が増えたことが少し嬉しかった。親は親どうし、小さな確執のようなものがあったのです。

「あんたの人生だから。次に活かしなさい。でも、一生孤独なのはやめてよ?」

「ああ、いい人がいたらね」

いい人は、もういる。頭の中には紗衣のことが浮かんでいた。

莉子がちゃんとした妻だったら、両親にも離婚を反対されていたでしょう。

そもそも莉子が”ちゃんとして”いたら、私も離婚したいとまで思わなかっただろう。

私が離婚を突きつけた莉子には、問題があったということです。

不倫は1度バレたら隠せない

両親への報告が終わったと思っていた矢先。

兄の妻である、義理の姉がこう言ってきました。

「莉子ちゃんから聞いたんだけど…不倫してたって本当?」

「!」

誰かにバレる、バラされるのは時間の問題とは思っていた。どうやら莉子は、義理の姉に不倫の話をメールしたらしい。

「相手の人、結婚してるんだって?子供もいるって聞いたけど」

(全部話したか…)

もはや隠しても仕方ないので、義理の姉には一部始終話すことにした。

私が莉子に抱いていた不満、それを言っても直してくれなかったこと。

しかし義理の姉は、

「そうだったんだ…でも莉子ちゃんかわいそう…もう不倫相手とは会わないでしょ?」

あくまで莉子の味方。私は適当にこう答えた。

「うん、会わない」

「連絡も取っちゃダメだよ?」

「うん、取らないよ」

正直、面倒くさかった。”あなたに何がわかる?”というのが本音だった。

不倫=絶対悪 と思っている人には、どんな理由を話してもわからない。

そもそも、こちらがアドバイスを求めたわけでもないし、話だけで全ての状況がわかるはずがない。

それを一方的にダメだというのは、偏った意見だと思う。

「仕事大変なのはわかるけど、辞めてどうする?もっと頑張りなよ」

と言って他人を追い込むのと一緒だ。

義理の姉には反論すらしなかった。しても無意味だと思ったから。

他人の問題に首をつっこむのは、助けを求められたときだけでいい

芸能人の不倫について、メディアや世間は不倫した人間を猛烈に叩く。

もちろん、明らかに悪そうな芸能人もいるが、そうでない人もいる。

明るみにならない事情があったかもしれない。それを、ほんの少しの情報で叩くのはおかしい。

何も知らない人間が、勝手に人の問題に首をつっこみ自分の正義をかざすのは暴力的だ。

他人の問題に首をつっこむのは、助けを求められたり自分に影響があるときだけにしたい。

 

前の話を読む / 次の話を読む

1話から読む

 

不倫、片想いの行方。無料のメール相談はこちら

ランキング参加中。ボタンをクリックして応援していただけると励みになります!


不倫・婚外恋愛ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-不倫ブログ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.