出会い、W不倫、離婚、そして再婚をし、幸せを掴んだ男のブログ

不倫ブログ

不倫相手とお忍びデートでトラブル発生!子供は素直…【31話】

更新日:

自分が住む街で不倫相手の紗衣(さえ)とデートをする私。夕食をとるために、地元民があまり来ないデパートのレストラン街へ向かいました。

人がいるところでは他人のふり

デパートの駐車場からレストラン街までは、少し距離がありました。

ちょっと複雑な建物だったため、私が少し先を歩き、案内します。

その10mくらい後ろを紗衣たちが歩く。設定はあくまで「他人」でした。

もし知り合いにあったら、私は普通にあいさつする。紗衣たちは素通りする。

なんとも滑稽な場面に、紗衣と友達は笑いを隠しきれません…

ハラハラしながら、レストランへ到着しました。もちろんそこでも、席はバラバラ。

私は「お一人様」でご飯を食べることに。ここは、我慢です。

(紗衣がそこに見えるだけでも…幸せと思わなくては)

あくまで”他人”の設定なので、紗衣と友達とAくんが座っている席をじーっと見ることはできません。

今日は日曜の夜。どこに誰がいるかわからないのです。

私が知らなくても「あの人、莉子(妻)さんの旦那さんじゃない?」という人がいるかもしれない。

念には念を入れるのです。

子供はウソをつけない

紗衣の子供のAくんは、そのときすでに私のことを「パパ」と呼んでいました。

1歳半くらいだったのですが、単語は少し話せたのです。

少ない言葉から、私を見てパパと呼んでくれるのは、くすぐったい気持ちでした。

ところが。

「パパ~!パパ~!」

離れた席から私を呼ぶAくんの声が。離れているとはいえ、見える席に座っていた私たち。

紗衣と友達が、必死そうにAくんをなだめる姿が目に入りました。

後から聞いた話ですが、

「ん~?パパいないよ~?どうしたのかな?」

と紗衣が声をかけていたそう。Aくんは遠くから私を見て、パパ~と叫んでいたのです。

子供は、ウソをつけません…

密会中に更にトラブルが

”お一人様”の私が食事を終えるころ、紗衣からLINEが。

「駐車券、車にわすれちゃった!ごめん、奏馬さん取ってこれますか?」

そのデパートは駐車料金が高いのですが、レストランで食事をすれば2時間は無料になるシステムでした。

しかし駐車券を車に忘れていたのです。

お会計時に駐車券を出さなきゃいけないし、一緒に車に戻っていたら時間がかかってしまう。

駐車場からレストランまでは道が複雑で、片道10分弱かかってしまう変な作りだったのです。

(ここは、俺が取りにいくのがベストか)

そう思い、私は食事代を支払い、レストランを出ました。

しかし、車の鍵がありません!紗衣の車なので、鍵は紗衣がもっています。

そこで、機転をきかせた紗衣の友達が、1人鍵を持ってレストランから出てきました。

そして私に声をかけたのです。

「あの~、これ忘れたみたいなんですけど~」

「ああ!すみません!ありがとうございます!」

友達が”他人”のフリをして、車の鍵を私に届けたのです。どこに刺客がいるかわかりませんから…

そんな小芝居を挟みながら、私は駐車券を取ってくることに成功。

駐車券を渡すときは、友達に人気のいないエレベータ前まで来てもらい、渡しました。

こうして、他人のフリの夕食は無事?終わったのです。

帰りは突然の土砂降りで、辺りも暗くなっていたので、あまり隠れることなく車に乗りました。

夜の地元を、紗衣とドライブ(後部座席だが)。嬉しい気持ちでいっぱいでした。

不倫デートの反省。冷静に考えてみる

後で冷静に考えたら、「他人のフリをするくらいなら、別々の店で食べてもよかったのでは」ということ。

安全面を考えたら、それがよかったでしょう。

でも、せっかく来てくれた紗衣たちに、美味しい名物を食べてほしかったのです。

それに、少しでも長い間、紗衣のことを見ていたかったのです。結果、良い選択をしたと思います。

でも、不倫は危険と隣り合わせです。一歩間違うと人生が狂ってしまいます。そこのところは、常に頭にいれておかないといけません。

 

前の話を読む / 次の話を読む

1話から読む

 



私の友達は老舗サイトのラブサーチ[18歳以上]で結婚しました☆

ランキング参加中。ボタンをクリックして応援していただけると励みになります!


不倫・婚外恋愛ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-不倫ブログ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.