出会い、W不倫、離婚、そして再婚をし、幸せを掴んだ男のブログ

不倫ブログ

不倫しない夫婦は、どういう関係を保っているのか?【24話】

更新日:

本妻に不倫メールがバレてしまった私を、不倫相手の紗衣(さえ)は待っていてくれました。バレてもなお続けようとする関係…本気の恋でした。

1週間ぶりの、不倫相手との電話

不倫がバレてからは、怪しい行動を取らないように心がけました。

妻の前でスマホを持ったり、1人で出かけようとするだけでも怪しまれるからです。

メールは1日1通。妻が風呂に入っているときを狙って。また寝落ちしないように、控えめにしました。

妻の莉子に「もう1度チャンスをください」と言われ、妻がどのように変わろうとするのか?

ほんのわずかですが希望はあったかもしれません。しかし、心は完全に紗衣が好きでした。

不倫がバレて1週間後、妻が不在になるチャンスがありました。ここぞとばかりに私がすることは、紗衣との電話。

「電話できるんだけど、していい?」

「いいですよ」

普段の1週間などあっという間です。でも、このときの1週間は1年くらいに感じました。

その間、紗衣にどんな言葉を伝えればいいのか?紗衣の気持ちは変わってしまったのか?呆れられただろうか…

と様々なことを考えては、グルグルと頭の中で回っていました。

それ以外のこともたくさん考えましたが…もう覚えていません。それくらい、混乱していました。

やはり、気持ちは変わらなかった

久しぶりの紗衣の声。私は声を聴いた瞬間、この人が好きだと思った。

「久しぶり」

「お久しぶりです」

「…紗衣…やっぱり好きだ」

「私も好きですよ…」

メールで事の顛末を一通り話していた私は、電話でも紗衣に謝罪した。

「甘かった。ごめんね…紗衣には迷惑かけないようにするから」

「私は大丈夫です。もしバレても、軽い気持ちでしてないですから。2人のことなので、一緒に考えて行きましょうね」

電話からでも、紗衣の愛を感じた。この人は生半可な気持ちじゃない。しかし、相手の気持ちも考えて、一人歩きもしない。

ますます、素晴らしい女性だと感じたのです。

「奏馬さんが寝落ちしないか、心配でした(笑)」

「ごめん(笑)…ほんと、バカだよ。」

本妻の気持ちなど忘れ、私は不倫相手に夢中でした。

お金を払って、気持ちを紛らわすことができる夫もいる

世の男性は、私が知る限り1人の女性に死ぬまで尽くし切る人は少ない。

身の回りでも、普段は愛妻家だが風俗に通っている人や、離婚して別の女性と再婚する人も少なくなかった。

ひどい話では、子供が生まれたその日に風俗に行ったという不届き者もいた。

男目線で大変勝手な意見を言えば、妻に不満がなければ不倫や風俗には走らない人がほとんど。

でも、旦那のせいでストレスや不満がたまり「理想の妻」になれない女性も多いのが現実だと思います。

しかし考えようによっては、不倫をするくらいならお金を払って性欲や寂しさ、欲求を紛らわせられるならそれもありかもしれない。

私の場合は、違う女性を愛してしまった。

風俗の場合、大抵そこに愛はない。言ってしまえばビジネスだ。妻にとっては、不倫よりは風俗の方がまだマシなのではないか?

もちろん一般論では良いことではない。でも、私も「お金で解決」できていたなら、誰もこんなに辛い思いはしなかったかもしれない。

そんな、悲しいことを考えてしまいました。

不倫相手と結婚を考えるときに望むこと

不倫相手の紗衣とはW不倫の関係でしたが、「この人と一緒になりたい」と考えていました。

しかしどうしても頭をよぎるのが「この人はまた不倫しないか?」ということ。

お互い様ですが、1度過ちを犯した人なので、そう思ってしまいます。

しかし逆に考えると、1度犯した過ちを犯さなければいいのです。

お互いが結婚生活で感じていた不満をしっかり把握し、お互いが努力する。

そうすれば、人生1度のW不倫をしたあとは、お互い愛し合い幸せな生活をできるのではないか。

紗衣のことを考えると、そう思えたのです。
 

前の話を読む / 次の話を読む

1話から読む

 


臭い・黒ずみ。彼も気にしてるかも?

ランキング参加中。ボタンをクリックして応援していただけると励みになります!


不倫・婚外恋愛ランキング

にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-不倫ブログ

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.